福祉職の収入とワークライフバランスについて考えてみた【前編】

ニュース・コラム
スポンサーリンク
新人さん
新人さん

なんだか最近、ずっと考え事してますけど、どうしたんですか?

かねまる
かねまる

今年の四月に転職してから、よくワークライフバランスについて考えるんですよね。

どう生活すれば、自分の幸福度が最大化出来るかって。

新人さん
新人さん

そういうときは記事に書いて思考を整理しちゃいましょう!

そのほうが頭を整理出来ると思います!

どうせ誰得なブログなんだから、せめて俺得なブログに!

かねまる
かねまる

ぐっ、気にしてることを…

こんにちは、かねまるです!

今日は最近考えていたことを語りたくて、記事を書いています。

転職して自分の労働時間や収入に変動があったので、色々と思うところがあったんですよね。

  • 収入と労働時間はトレードオフなのか
  • 収入を増やす必要があるのか
  • 福祉職に必要なものは収入なのか時間なのか

こんなことを考えていました。

これは私の価値観での話になりますが、せっかくなので、どなたかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

収入と労働時間はトレードオフなのか

かねまる
かねまる

よく、収入と労働時間はトレードオフって言うじゃないですか?

新人さん
新人さん

え?そうじゃないんですか?

働いたら働いた分、時間が減って収入が増えますよね?

かねまる
かねまる

完全にトレードオフってわけじゃないと思います。

だって、短い労働時間で大きく稼げる人もいますからね。

比例関係ではあるけど、完全に比例するものではないと思うんですよ。

例えば、コンサルで数日働いて、月数十万行く人もいます。

逆に何時間働いても、収入が大きくは増えないって人もいますよね。

収入と労働時間は完全に比例するものではないんですね。

収入の決まり方

収入=業界×立場×スキル×労働時間

収入はこの計算式で決まります。

労働時間は掛け算の中にもちろん入りますが、むしろ掛け算の中の一つにしか過ぎないんです。

金回りの良い業界、生産性の高い業界、福祉業界

収入って、自分が所属する業界で大きく変わるものなんですよね。

不動産業界などは、高収入になりやすいです。

一回の取引が数千万円以上なので、収入に利幅が出やすいんですね。

また、生産性の高い業界も高収入になりやすいと言えます。IT業界なんかは生産性が高いですよね。

一つのサービスが作れれば、インターネットを通して何万、何十万という人たちにそのサービスを提供できるわけですから。

ちなみに福祉の業界はというと…

福祉業界の現状
  • 金回り…介護保険という天井のある市場、お金のない人たちにサービスを展開する市場なので、金回りは当然良くない。
  • 生産性…一人で介護できる量は一つの時間に一人まで。スキルが上がっても「一人で一つの時間に10人の介護を出来るようになりました!」とはならない。

こんな感じです(´;ω;`)

立場を上げたいなら、役職の多い会社に就職するか起業になる

上を目指すか、自分で起業するか。上を目指す場合、役職が複数ないと一向に上がれないことも。

基本的に多くの役職が用意されている大手企業でないと、自分の立場を上げていくことは難しくなります。

ということは、そういった企業に入社出来ない場合、起業が選択肢になるわけですが…

これがまた難しいから、サラリーマンの人が大多数なんですよね。

立場と収入の比例関係
  • サラリーマン…役職が上がっていくにつれて、収入は1倍〜2倍前後に
  • 起業家…起業した瞬間から社長、あとは売上次第で0倍〜青天井

こんな形で立場によって収入は変化します。

業界や立場で必要なスキルは異なる

立場に合ったスキルでないと、収入には反映されません。

スキルは収入に影響を与えますが、そのスキルは業界や立場に左右されます。

医療機関を例に考えてみましょう。

医師なら、必要なものは医師としてのスキルです。

管理職なら、マネジメントスキルが必要になるでしょう。

必要なスキルの探し方

業界×立場=必要なスキル

このことを意識すれば、必要なスキルが明確になります。

ちなみに福祉業界は立場によって、三福祉士の資格やマネジメントスキルが必要なります。

ただ業界自体が低賃金なので、資格が収入に与えるインパクトは小さいんですよね…

そりゃあ、医師や看護師、宅建とかの資格が人気出るわけです。

福祉職で収入を上げることは難しい

収入だけを考えるんじゃなくて…

収入の計算式を考えると、そりゃあ福祉職は収入が上がらないわなって思います。

福祉職の収入の計算式

福祉職の収入=低賃金業界×上位役職の少ない現場×収入が上がりづらい資格×労働時間

福祉の業界はこういった状態です。

労働時間を上げても、他の部分の倍率が低すぎて収入が上がらない環境ってことですね。

これを解決する方法はあるのか。

かねまる
かねまる

新人さん
新人さん

急に黙って、どうしたんですか?

かねまる
かねまる

いや…そもそも解決する必要があるのかなって…

なんで解決をしようと思ったんだろ…?

長くなってきたので、今回はこのあたりで終わりにしたいと思います。

私にしては珍しい「次回に続く!」パターンですね。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました